SAOアリシゼーション編WoU待望のキリト復活!話数や感想まとめ

アニメ

SAOでキリト復活?

毎回人気のアニメとして注目されているSAO、アリシゼーション編WoUですが
長く廃人状態が続いていたキリトがついに復活します!

復活はまだか!と待ち望んでいたファンも多いことでしょう。

今回は復活シーンの話数や感想についてまとめました。

SAO アリシゼーション編WoUのこれまでのあらすじ

TVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」PV第1弾/2019.10 On AIR

アドミニストレータとの激闘から半年、キリトは廃人となってしまいアリスの手を借りながらルーリッド村で静かな生活を送っていました。

その後ダークテリトリー軍が侵攻を開始、人海軍の整合騎士達も迎え撃ちます。兵力で大きく劣り苦しい戦いの中

アスナやリーファ、シノン達現実世界の仲間たちも加勢し、状況が好転すると思いきやダークテリトリー軍も大量に現実世界からの兵士を投入し劣勢に。

仲間たちは傷つき、整合騎士も次々と殺され少しずつ絶望的な状況になっていきます。

諦めかけたその時・・・?

そして、今回のキリト復活へ続くわけです。



あくまでオンラインゲームの世界だとはわかっているのですが、ヒロインたちが血を流したり敵の攻撃で切断されたりするのがなかなかにつらかったですね・・。


毎週毎週、仲間が傷ついていく生々しいシーンを見るのが心苦しかったですが、それもこれもこのキリト復活の名場面を盛り上げるために全て必要だったといえます!
saoファンはこのシーンを見るためにアリシゼーション編Wouを見続けていたといっても過言ではありません

復活したエピソード・話数

18話のラストから19話にかけて、待望のキリト復活→反撃のシーンが始まります。

またいつものパターンのようにキリト無双なのかな?と思いましたがヴァサゴ相手にてこずっているシーンもあったのが少し意外でした。アリシゼーション編は主人公の見せ場といっても適度にそういうところがあるのが個人的に好きです。

saoを毎回見ていて思うのはとにかくSEと戦闘シーンがかっこよく、映画のように迫力がある。よく毎週このクオリティを保てるなぁ・・。と驚かされます。

特にこのキリト復活のシーンに関してはめちゃくちゃ気合が入っていますね。


ちなみにツイッターでは関連ワード「#sao_anime」がトレンド1位になりました。

18話あらすじ

かつてのキリトの仇敵だったエイジの善戦も虚しく、ヴァサゴに敗れる。《アンダーワールド》のはるか南では、シノンがガブリエルに重傷を負わせはしたものの、力尽きる。《アンダーワールド》中央部で死闘を繰り広げるリーファは、米国人プレイヤー軍を全滅させたあと倒れてしまう。そしてアスナは絶望的な状況下で、地面に横たわるキリトを見つめ……。誰もが彼に最後の望みを託す。しかし《黒の剣士》は、いまだ夢の中を彷徨い続けていた。

引用:https://sao-alicization.net/

ソードアート・オンライン アリシゼーション WoU 第18話「記憶」予告映像
19話あらすじ

《アインクラッド》の悪夢から抜け出し、ついにキリトが意識を取り戻す。右手に《夜空の剣》、左手に折れた《青薔薇の剣》を握るキリトは、死者のリソースを吸収し巨大化した《友切包丁》を持つヴァサゴと対峙する。憎悪の心意を増幅させるヴァサゴの剣撃に、キリトはじりじりと押し込まれていく。そして《友切包丁》がキリトの身体を両断しようと迫ったそのとき、金色に輝く手が《夜空の剣》に添えられる。

引用:https://sao-alicization.net/

ソードアート・オンライン アリシゼーション WoU 第19話「覚醒」予告映像

視聴者の声

まとめ

以上、キリトの復活に関するまとめでした。

saoファンなら既に原作でストーリーを知っている人も多いと思いますが、アニメではどんなかっこいい演出が見られるのか?放送開始からずっと皆が待ち望んだシーンだったと思います。

個人的にはちょっとキリトがチート過ぎないか?18話も引っ張った割にはラスボスがあっさり倒されて終わってしまったな・・。という印象だったのでもう少し戦闘シーンが見たかった気もします。


キリトといえば、アインクラッド編で第74層のフロアボスをスターバーストストリームで撃破した場面、GGO編のデス・ガンとの一騎打ちが特に記憶に残っていますが

他にもかっこいいシーンが数えきれないほどあります。

その中でも特に、放送が終了しても何度も見たくなる名場面の一つと言えるのではないでしょうか。

やはりキリト復活のシーンはアリシゼーション全話通しても一番の盛り上がりでしたし、saoアニメの製作スタッフもこのシーンにかけていたであろう熱意がすごく感じられました。

saoファンは是非一度ではなく繰り返し見るべきです!

コメント